スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな一歩

約1年ぶりの更新です。
もう更新しないつもりだったのですが、このブログを応援してくださった皆さんにご報告です。

帰国から1年ちょっと、激動の1年でした。
入籍、世界一周ハネムーン、挙式、そして動物病院の開業準備。

2年間、気長に待っていてくれた獣医の同級生と入籍して、
2人の夢だった世界一周、動物&自然巡りにいってきました。
中米、南米、アフリカ、中東、東欧~ヨーロッパまで、約4カ月間。
気に入った国はナミビア、住みたくなった国はヨルダン、老後もう一度行きたいのはガラパゴス、おススメの絶景ならウユニ塩湖、印象深いのはモロッコ、美味しい国はトルコ…ふり返るともう一周したくなってきます。
旅をしながら、私の基準はなにかと日本とトンガであることに気付かされました。
写真や旅の話は『獣医夫婦の世界動物放浪記』をご覧ください。
https://www.facebook.com/roundtheworld.vet

そしてトンガにいく前からの夢、動物病院をつくるために動きだしました。
札幌で場所探しをしたり、融資のための事業計画を作ったり、病院名やロゴを決めたり、設計の打ち合わせをしたり、医療機器を集めたり…ホームページもやっと形になってきました。トンガ時代、同期のPC隊員の協力のおかげです。
『ポックル動物病院』
http://pokkur-ah.com/
ポックル動物病院_B-2色変更バージョン
こちらでも新たにブログを始めたので、よかったら遊びにきてください!

獣医以外の分野でもそうだと思いますが、トンガでのボランティア経験というのは、日本の社会で評価されたり、直接役に立ったりすることは残念ながら多くないかもしれません。
でも自分の生き方を充分に考えることのできた2年だったなと改めて思うし、日本で獣医の仕事だけをしていたら出会わなかったであろう人との出会いはかけがえのない物です。
誰かに喜んでもらう喜びを実感したことで開院意欲が高まり、イメージの物を作りあげるために工夫した経験は病院の準備に活かされ、やっぱりトンガの2年あってこその今の私だと思います。

来年2月から開院予定のポックル動物病院では、もちろんトンガ語と英語での診療にも対応いたします(^^)
札幌にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。
スポンサーサイト

ご愛読ありがとうございました

帰国からあっというまに3週間、日本の生活はなぜこんなに忙しいのでしょう。
もうトンガにいたことがずっと昔のことのように感じます。それが寂しくて必死にあがいてる気もします。
さて先週、北海道に帰ってきました。そこで無事に2年ぶりの日本住民となりました。
失効した公用パスポートを市役所に持っていくだけなのですが、わりと時間がかかりました。
東京最後の夜は家族にトンガ料理を振る舞いました。
『ルーカパプル』を日本版で作ってみたのでレシピを紹介します。
材料:ココナツ缶(200ml)、コンビーフ、たまねぎ1/2、レタスのかための葉3枚、塩
作り方:アルミホイルにレタスを敷き、コンビーフと刻みたまねぎを乗せ、ココナツと塩をかけてくるむ。鍋で蒸すこと20分ちょい。主食はヤムイモのかわりに山芋、またはスイートポテトのかわりにサツマイモを一緒に蒸す。以上!
IMG_0406.jpgIMG_0551.jpgIMG_0561.jpg
美味しいんだけどなんだか違う。。。自己採点をするなら60点。雰囲気は近いのですが、ココナツの濃さが足りないのかな?次回はオタイカにも挑戦して検証してみたいと思います。

北海道に来てすぐ、札幌でJICAの大動物研修に参加中のトンガ人サレシに会いました。
元同僚ですが8月から日本に来ていて、札幌で再会しよう!と言って見送った時の約束が実現です。
携帯は持っていませんでしたが待ち合わせは簡単、札幌駅で一番背が高い人を見つければいいのです(笑)
そして足元を見ると、なつかしのトンガビーサン!これじゃ寒いでしょ?と言ったら、自分の足のサイズの靴が見つからないのだと。。。服もTシャツ、4Lサイズが見つからないとのことでトンガ人には住みにくい国のようです。
IMG_0658.jpgIMG_0656.jpg
久しぶりのトンガ語にときめきました。観光案内のつもりでしたが、髪を切りたい、皮膚がかゆいから薬が欲しい、パソコンの修理相談などの生活サポートとなりました。
IMG_0661.jpgIMG_0664.jpg
札幌駅地下ショッピングモール、APIAに連れて行けば『サモアの主都だね』と言われ、黄色の地下鉄で来たよと言われてみたら東西線は黄色い表示だったことに気づかされたり、よく知っているはずの札幌がサレシと歩くと全然知らない町に思えるから不思議です。
サレシは12月上旬まで北海道での研修が続くのですが、今のところ乳房炎対策に興味が湧いてきたようで、トンガの農業学校でもやってみたいと話してくれました。
またトンガにいるミカからもメールが届き、『犬の避妊をひとりでやった。時間はかかったけど成功した』との報告をくれて嬉しくなりました♪
今後のトンガの獣医事情がどうなっていくのか、私の後任が現れるのか等、気になるところです。
またいつになるかはわからないけど、トンガの将来の姿を見に行きたいものです。
さて、このブログは家族や知人、日本のみなさんにトンガでの生活を伝えたいという思いから始めたものなので、更新はこれでおしまいにしようと思います。でもこれからもトンガの活動、生活のことなど伝える機会があればという思いは変わりません。今のところブログも閉鎖する予定はないので、メッセージ等いただければできる範囲で対応させていただきたいと思っています。
これまで見守ってくださった方、コメントをくださった方、本当にありがとうございました(*^_^*)

おかえりなさい

トンガから帰って2週間が経ちました。
それなりに日本、それも東京に馴染んできています。
このごろの東京の気温はトンガそれほど変わりません。
でも日本はカラッとしているので、トンガでは乳液いらずだったのに今は肌が乾燥するという久しぶりの感覚を味わっています。
日本の快適さに感動しつつ、いきすぎた便利さに違和感を感じたりもします。
何事もスピーディ、そんなに急いでないから頑張らなくてもいいよって思うほど。
サービスの丁寧さ、そこまでされたら気持ち悪いよって思うほど。
ちょいちょいミスもやらかしています。
『動く歩道』に感動して『歩く歩道だー!』と叫んでしまったり、買った牛乳がなんか甘くてよく見たら乳飲料だったり、受け取ったおつりを丸めて財布につっこもうとしてしまったり。

さて、そんな感じでまだ私は東京にいます。実家を拠点に、親戚や友人に会ったりお墓参りに行ったりしています。『おかえり』と言われることが、こんなにも嬉しいとは思いませんでした。言われるたびに帰ってきたんだという実感の湧いてくる魔法の言葉のように思えます。
P1020047.jpgDSC01151.jpg
口には出さずとも、18歳になる元飼い猫が待っていてくれたこともとても嬉しかったです。

なんとなく空にカメラを向けたくなります。空は世界中つながってるのに、なんか違うんですよね。
P1090969.jpgトンガの空
IMG_0330.jpg東京の空
IMG_0238.jpg長野の空
青の種類とか雲の動きとか紫外線のきつさとか、かな?

それから見つけた時、思わず叫んで駆け寄って写真を撮ってしまったものがあります。
↓何だかわかりますか?
IMG_0303.jpg
正解は里芋です。この葉っぱ、トンガで見慣れたタロイモの葉とそっくりなのです。
この葉で肉と玉ねぎとココナツミルクをつつんで蒸せば、日本でも本格ウム料理ができるじゃん!という感動の発見でした(^^)

帰国後研修と大使館

24日に帰国して、翌日はJICA麹町での研修がありました。内容は公用パスポート返却手続き、外務大臣からの感謝状授与式、浦島太郎状態のメンタル面のケア、復興庁やらJICA専門家やらへの就職支援、ボランティア経験の社会還元のことなど。トンガ隊はフライトの関係で1日早い帰国だったので、他の国の同期とはかぶらず、トンガ5名+23-3現職1名というこぢんまりメンバーで、丸一日かかる予定が半日で終わりました。
P1020009.jpgP1020018.jpg
お昼はみんなでラーメン屋さんへ、日本の食事っていちいちなんて美味しいんだろうと感動しつつ、ぺろりと食べてしまいました。
夕方には元所長、JICAの職員と23-2次隊でトンガ大使館の表敬訪問にいきました。
去年できたばかりのトンガ大使館は、東京のどまんなかのビルの1室です。
この空間だけトンガの雰囲気に包まれていてなんだか嬉しくなりました。
P1020023.jpgP1020019.jpg
トンガ語も英語も日本語も話せるタニア大使は、見た目もほっそり色白でトンガ人ばなれした印象でした。
大使とのお話にもあったように、今後もトンガとの交流の機会があれば参加していきたいものです。
訪問後はそのまま慰労会へ、プレタハ(トンガの正装)で日本の電車というのは絵的に面白いものですね~w
P1020028.jpg

帰国二日目の26日は健康診断。新宿の病院に行き、検尿検便、レントゲン、心電図、血液検査など。
これにて23-2次隊トンガメンバーとのイベントは終了です。
この日は健康診断のために朝ごはん抜きだったので、最後にみんなでとんかつを食べて解散!
P1020035.jpgP1020036.jpg
と思ったら『ケーキたべたい』の一言で喫茶店にはしご、モンブランまで食べて今度こそ解散です。最後までこのメンバーでは食べてばかりでした。楽しい思い出、美味しい思い出がたくさんの同期メンバーとのお別れはさびしくて。。。駅で涙があふれないよう、さらっと握手でお別れしました。これからはみんな全国各地のそれぞれの道へ、みんな幸せになりますように★

帰国したら食べようと思っていた、ローソンのおにぎり、サンクスの肉まん、セブンのおでんは制覇しました!
でもトンガではほとんどお腹をこわすことのなかった私が、この頃ちょっと調子を崩しています。
日本のごはんはトンガ仕様の私の胃袋にはキレイすぎるのかもしれませんw

帰国しました

9月24日、成田到着!
成田到着
トンガからの旅行時間はオークランド1泊の29時間(時差+4)で33時間の長旅でした。

ラスト2週間は毎日フェアウェルイベントやら送別会をしてもらい、ブログ更新が1カ月近く空いてしまいました。
トンガ人がカイポーラを用意してくれるたびに、私も太巻きを…たぶん2週間で30本以上は巻きました。
P1180923.jpgP1180950.jpgP1190208.jpg
大家さん、近所の友達、ホストファミリー、職場など、本当にいい人間関係に恵まれました。

フェアウェルイベント、トンガVSジャパンフットサル大会、アタタ島デイトリップも最高の思い出です。
P1190411.jpgDSC_0031.jpg
トンガで出会った日本人にも本当に感謝です。つまづいたりストレスたまった時には、近くで支えてもらえる仲間の存在はかけがえのないものでした。

私の出発直前に我が家に子犬がやってきました。ワクチンを打ち、オリビアに名前をつけて欲しいと頼まれたので『さくら』と名付けました。2年前と比べると驚くほど大きくなった子供たちとのお別れもさびしくて…この子たちがいたから私は今子供が欲しくてたまらないのかもしれません。
P1190167.jpg
9月23日朝9時出発。ピックアップ30分前にカウンターパートのアナが家にやってきてお別れのプレゼントをくれました。
P1190462.jpgP1190468.jpgCIMG0361.jpg
家族に見送られ、ドミでJICAのみんなに見送られ、空港でも最後までメッセージカードをもらったりと、うるっとくる場面が多々ありましたが必死でこらえてきました。空港で搭乗まで歩くとちゅう、フェンス越しに叫ぶ声がこんなによく聞こえるとは思ってもいませんでした。

駒ヶ根での訓練生活から始まり、2年2カ月ともに過ごした仲間とも最後のイベントとなりました。
23年度2次隊トンガ隊卒業旅行はもぐもぐツアー。機内食のランチ後、マック、チョコレートブティック、そしてJICA御用達のシーフードレストラン、オキシデンタル。
↓オークランドではこんなのも乗りました
P1190514.jpgスカイタワー横の逆バンジーです。
同期6名、みんな笑って一緒に帰れてよかった!同期というきずなはトンガでできた宝物です。

久しぶりの日本はきれいで便利でいい国だなという第一印象。成田に着いても実感が湧かず、まだトンガに戻るような気がして、ぼんやりしたまま家に着きました。
でも家族に会ったとたん、号泣してしまいました。
自分でもわけがわからなくて、とまどうほどに。
嬉し涙なのかトンガが恋しい涙なのか。
それまで楽しみなことを考えるようにして、寂しい気持ちひ浸らないよう、涙をごまかしてきたのが、安心とともに溢れだしたのかもしれません。
あたたかいお風呂、おいしいごはん、幸せだけど、日本のすばらしさを味わうほどに、トンガが遠く感じて。
意外と日本にはすんなりと馴染めていますが、トンガのことを忘れたくなくて、抵抗しようとする気持ちがまだどこかにあります。
ブログもこれで締めようと思っていたけれど、気持ちの整理がつくまでもう少し続けてみようと思います。
|TOP|

プロフィール

akikokatsuno

Author:akikokatsuno
2011年9月26日~2013年9月26日まで、青年海外協力隊の獣医隊員としてトンガ王国で活動。トンガで感じたことを日本に伝えるためのブログです。帰国して現在、動物病院をやっています。
ポックル動物病院 http://pokkur-ah.com/

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

my favorite blog!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。