FC2ブログ

送別会@オホレイビーチリゾート

先週金曜で私の2年間の活動が終了しました。
最終日の夜はオホレイビーチリゾートのディナーショーに職場のみんなのご厚意で連れて行ってもらいました。
前から話は出ていたものの、正直あまり本気で期待していませんでした。
というのは、トンガ人にとっては高級リゾートで食事をすることはほとんどないことなのです。
同僚に聞いてもほとんどが初めてというくらい、特別な場所なのです。
そのお値段は夕食ブッフェ+ダンスショーで40パアンガ(約2000円)+α飲み物代。
たいしたことないでしょと思うかもしれませんが、1食5パアンガ(250円)のBBQですらスペシャルランチという同僚なので、そんな高級ディナーを日本人の私がご馳走になるなんて申し訳ないくらいのおもてなしです。
それが実現しただけでもうるっとしてしまうくらい感動のことでした。

約束の夜7時に職場のバンで家まで迎えに来てくれ、その荷台には同僚の家族や子供までおっこちないかと思うほどに乗りこんでの出発。みんな見た事もないくらい特別にいい服装です。私もトンガのフォーマル衣装+トンガンヘアー(おだんご頭)で参加させてもらいました。
P1180976.jpg
久しぶりにくるオホレイはリニューアルしていて、レストランスペースの許容人数が大幅アップして外国人のお客さんで賑わっていました。そこにうちの配属先スタッフ+家族で約30名が加わり、総勢100名近く!トンガではまれな人口密度です。フェアウェル用の予約をしてくれていたようで、主賓用のカホア(花飾り)をかけてくれました。ディナーのメインを飾る豚の丸焼きは3匹も用意され、サイズも一段と大きくてびっくりです。
P1180991.jpg
ステージも立派になり、前座のバンド演奏にノリノリで踊り出す同僚。。。笑
P1180985.jpg
ディナー開始までしばらくご歓談タイム。トンガ人はカバは毎晩飲むけどアルコールには弱いようで、ビール1杯目でみなさん超上機嫌♪あんなことあったねと思い出を語り合ったり楽しいひとときでした。
P1180980.jpgP1190006.jpgP1190012.jpg
美味しい食事でみんなお腹一杯になった後には私のスピーチタイム。
このためにトンガ語の練習をつんできたのではりきって披露するつもりだったのですが、外国人客もあまりに多くてかなり緊張。。。カラティやミカはすごくいいスピーチだったと褒めてくれましたが、私やっぱり人前で話すことはあまり得意ではないようです。
P1180998.jpg
ちなみにトンガ人にカメラを託すと力いっぱいシャッターを押すのでよくこういう写真になります(@_@;)
まあ緊張の表情がはっきり見えなくてちょうどいい♪
その後は会場のお隣のヒナケーブ(洞窟)でのダンスショーに移動です。こちらも会場が立派になっていました。
P1190054.jpg
ダンス内容も少し変わっていましたが、これでタオルンガもファイヤーダンスも見おさめと思うと、何度も見てきたダンスのなかで一番輝いて見えました。
P1190073.jpg
ありがとう。Thank you. Malo `aupito.
3つの言語が何度も飛び交う、忘れられない夜になりました。
スポンサーサイト

トンガの結婚式

約2年のトンガ生活で通算結婚式3回、葬式2回、参加することになりました。
多い方かもしれません。
今回の結婚式は、JICAのトンガ人スタッフの結婚式です。
朝9時半~教会で挙式(実際始まったのは10時半でしたが)
流れは日本のものとそれほど変わりません。
讃美歌、お祈り、愛の誓い、指輪交換。そしてちょっと珍しいのが、膝をついてパンとワインを新郎新婦、そしてその家族がいただくという儀式がありました。
P1170176.jpgP1170178.jpgP1170187.jpg
そしてまた讃美歌、誓いのキス、出口で新郎新婦とのウマ&ハグ、写真撮影。
内容よりも日本との大きな違いは服装ですね。今回もタオバラ+タパを腰にたくさん巻きつけていました。特に親族、巻きすぎて立ちあがるのに支えられていたり、ほどけたのを結び直されたり大変そうでした。
P1170226.jpgP1170107.jpg
挙式の次は、新郎の自宅でカバセレモニーです。これは省略されることもあるようで、私は初めての参加でした。
カバは胡椒科の木の根っこを、粉にして溶かした飲み物。普段男性しか飲む事ができませんが、この時だけは女性である新婦が飲むことで、新郎の土地に根付くようにという伝統的な儀式なんだそうです。
テント下の両端に新郎、新婦が座り、新郎側で女性が根っこを石で砕く儀式を行い、その1杯目を新朗から新婦へと運びます。
P1170238.jpgP1170246.jpg
約1時間弱でカバの儀式が終わり、披露宴会場へ。今回はケレティビーチリゾートまで、クラクションを鳴らしながら走ります。
日本との大きな違いがもうひとつ、ご祝儀です。
そもそも式が招待制ではなく、行きたい人が行くというのもユニークでトンガらしいところですが、参列者がお祝いにあげるものはマットです。ただのマットに見えますが、これがとても高価。ひとり1枚とかではなく連盟だったりするようですが、とにかくたくさんのマットやタパという布が送られ、敷物としてだけでなく、人や車にまいたりとあらゆる所に使われます。また大豚の丸焼きも親族から捧げられていました。
P1170259.jpgP1170253.jpg
さて、ビーチリゾートの披露宴会場は白と緑に彩られ、一転しておしゃれな雰囲気です。
P1170266.jpgP1170274.jpgP1170283.jpg
でもお料理はトンガ料理、豚の丸焼き、エビ、オタイカなど豪華ブッフェです。
スタイルもトンガ式、ケーキカットはないけれど、ケーキは親族によって送られたマットにくるまれて大事に運ばれ、後で私達のテーブルにもカットされたものが運ばれてきました。
P1170285.jpgP1170295.jpgP1170287.jpg
余興ももちろんトンガ式、タオルンガという伝統ダンスが、新婦側、新郎側からそれぞれ披露されます。
ダンス鑑賞の時は、オイルが塗ってある踊り子の体にお金を張る習慣があり、ご祝儀を持って行かなかった人はここで沢山はりつければOK! またタオルンガの合間に自由参加ダンスのような時間があり、主にはおばちゃんたちがのりのりで踊ってるんですが、急に社交ダンス形式で連れて行かれたり、仲間のタオルンガの時は引き立て役にバックで踊らなければならなかったりします。
P1170316.jpgP1170301.jpg
そしてたくさんの来賓挨拶、祝辞、新郎の言葉があり、約3時間にわたる長く楽しい披露宴も笑顔に包まれて夕方4時半終了。フルコースで幸せのおすそ分けをいただいてきました♡

ヘイララ祭り2013ふり返り

トンガ最大のお祭り、ヘイララフェスティバルが先週まで2週間にわたり開催されました。
多くの人が町に溢れる1年に1回のお祭りで、チームJAPANもは今年も1週目はブロックパーティ、2週目はフロートパレードに参加しました。
私は今年レクリエーション委員長という役職にあったため、2カ月以上前からこのお祭りに向けて、ミーティングや準備を重ねてきました。お神輿作りやダンス練習など、仕事後や休日に進めてきました。
IMG_1325.jpgIMG_1326.jpgP1000449.jpg
ブロックパーティはいわゆる夏祭り。
首都のメインストリートが歩行者天国となり、たくさんの出店が並びます。
どこから輸入されたのか、今年は子供の光るおもちゃが大人気。
わたあめや焼き鳥など、日本のお祭りに近い屋台もありました。
P1160272.jpgP1160305.jpgP1160268.jpg
チームJAPANも一画を借りて、ブース(折り紙、うちわ、書道コーナー等)、日本食屋(たこやき、焼き鳥、スープ、かつどん、どらやき、もずく等)を出店しました。
P1160245.jpgP1160334.jpg
また同じ区画にステージを設置し、練習を重ねてきたヨサコイ、AKB(ヘビロテ)、イカ踊りを披露しました。まさかトンガでAKBのダンスを覚えることになろうとは(笑)時間の遅れや音響トラブルなどのトンガらしいハプニングはご愛敬、たくさんの観客に喜んでもらえたので大成功です!
P1160382.jpgP1160434.jpgP1160468.jpg
またステージでは、剣道のパフォーマンスやちびっこ相撲大会、日本に関する○×クイズ大会など、様々なイベントを開催しました。○×クイズはJICA担当で、前夜まで30問のクイズの英訳とスライド作りをしていましたが、子供たちが喜んで参加してくれて嬉しかったです。日本に関するおもしろ誤解発覚で『小学生は毎日そろばんの勉強をする』『山芋(ウフィ)を生で食べる』『小学校に給食がある』『トヨタの最新車にはハンドルがない』『人口10億人以上』などは意見がわれましたw

一方フロートパレードは先週土曜の予定が急遽早まって、木曜(祝日)に行われました。前日にアナウンスされるところがまたトンガですね(・。・;
おかげで私はババウ出張中で参加できませんでしたが、チームJAPANはお城風のお神輿に武士、姫、忍者の仮装で町を歩き、参加賞ももらったそうです。
イベントの企画や準備というのはやらなければわからない苦労がたくさんあります。
逆にやってみたら苦労というほどでもなかったということもあります。
成功にしても失敗にしても、やらないことには何の教訓もありません。
最近トンガのJICAボランティア数は減っていて、今回もこの人数では大変だろうと参加への意見がわかれましたが、終わってみると参加したことで感じたこと、得たことは大きかったなと思うのでした。

隊員総会ふり返り

半年に1度のトンガ隊員総会も4回目、私たちにとって最後の総会が終わりました。
私にとっては先週とはすべてが反対で、英語漬け→日本語漬け、座る暇のない日々→会議室に座る日々という大きなギャップのある週でした。
さて、隊員総会の2日半にはたくさんのイベントが盛り込まれています。
今回も隊員の活動の参考になるよう、トンガをより理解できるよう、執行部の3名を中心にアイディアを絞って準備をしてくれました。
隊員会の取り決めや検討事項、委員会、部会報告、中間報告、ワークショップ、安全講話といういつもの議題プラス、今回は企画調査員の講話『トンガの国際協力』、カメラ講話、ココナツのかご作り、自転車整備講座など楽しいイベントも盛りだくさんでした。
P1160198.jpgP1160199.jpgP1160213.jpgP1160236.jpg
いつもながら中間発表には感心させられます。どの隊員もそれぞれの環境の中で奮闘している様子には刺激を受けるし、誰もが悩むところに共感もでき、発表内容も素晴らしかったです。
トンガの国際協力講話も他国がどんな支援をしているのか、大洋州の中でのトンガの位置づけなどがわかり勉強になりました。トンガは大洋州内ではGDPでは中盤だけど、人間開発指数という寿命、知識、教育などの指数からみるとフィジーやPNGを抜いての第一位という開発国に位置づけられることには驚きました。ただトンガにとって中国の支援は良いものであるのかどうかはやはり疑問のままでした。
総会後はボクササイズやフットサルなどのスポーツイベントで汗を流し、離島の普段接することの少ない隊員とも交流することができて、楽しいひとときでした。
P1160243.jpgP1160242.jpg
フットサルが隊員の間ですっかりブームになりつつあり、今日も残った離島と本島隊員、それに大使館職員も加わってフットサルをしてきました。天気は曇りときどき豪雨。みんなぐっちょり。裸足で芝生を走るのは想像以上に気持ちよく、みんな滑って転ぶのが面白かったです。休憩すると身体が冷えるので数分の休憩でまた試合開始という繰り返し。雨と汗と泥にまみれたまま裸足で自転車を30分こいで帰りました。日本では考えられないけれど、トンガでは裸足も雨にぬれることも、珍しい姿ではありません。気分爽快の週末でした(*^_^*)

トンガの大運動会

4月に入ってから秋の気配、朝晩は20度くらいまで冷え込み、涼しくなってきたトンガです。
スポーツの秋、という言葉がトンガにあるかはわからないけど、先週水~金曜の3日間、
国立競技場テウファイバで中学高校生のスポーツ大会が行われました。
年に1度のイベントですが、去年は国王崩御後だったため中止になり、私にとっては初めてのこと。
先々週から同僚との話題にも挙がっていたけど、運動会みたいなものかなとあなどっていました。
しかしそのスケールとアツさにびっくり!トンガの国民的イベントと言っても過言ではないと思います。
甲子園のようにみんな母校や自分の子供の学校を応援するのです。
水曜に競技場近くを往診で通りかかったら、遠くまでアナウンスが響き、周囲一帯車だらけ。
その間は職場も閑散としたもので、出勤してきた同僚も朝からラジオをかけっぱなしで、競技会が気になっている様子。患畜も少ないわけで、動物の病気より一大事なのでしょう。
最終日には職場のボス、ミカが『競技会は仕事より大事だから見に行きなさい』とのこと。
自分は午前中だけ診療所の留守番をして、昼には見に行くといい、私たちを見送ってくれました。
なんと模範的な上司でしょう!

さて、朝9時には競技場につきましたが、入口には人がごったがえし。
ここで5ドル(約250円)のチケットを買って入場です。
P1150538.jpg
入ると普段何もないスペースに出店がびっしり並び、スタンドはほぼ満席。
グランド回りには各校テントを張り、全校生徒が競技に注目!
おそらくトンガ全人口11万人の1割以上がいたと思います。
P1150422.jpgP1150499.jpg
競技は日本でやるものと変わらず、短距離走、長距離走、ハードル、走り高跳び&幅跳び、棒高跳び、やり投げ、砲丸投げなど。普段は歩くのすらゆっくり、走るトンガ人なんて見たことがないので、こんな真剣に走る姿を見る機会はなかなかないので、厳しいセキュリティをくぐりぬけて必死でシャッター押しまくりました。
P1150484.jpgP1150500.jpgP1150533.jpgP1150468.jpg
体の大きなトンガ人ですが、十代のトンガ人はまだスリムな子も多く、走るのも早い!
二十代くらいを境に横に伸びていくのかな(笑)
すでにどっしり体型の子はハードルは蹴り倒してしまってましたが、砲丸投げでは大活躍。
そして応援も力が入っています。声をそろえ、手振りもついての応援は、さぞかし練習を重ねてきたのでしょう。
それにしても3日間、朝から夕方までですから学生たちの暑そうなこと・・・ココナツハットをかぶってる子が大勢いました。親に作ってもらったのかな?かわいくてこれまたパチリ☆
P1150512.jpg
朝晩は涼しいとはいえ、日中はまだ28~29度くらいあり、日差しの強さはかなりのもの。
長距離なんて見るも過酷、救急車もスタンバイしてあり、タンカで運ばれる子も見かけました。
笑顔あり、涙あり、こんな暑いアツいトンガのイベントを見れて大満足の1日でした。

今日はのんびり日曜日、大家さんのウムを食べて昼寝して。
明日からのNZボランティアとのハードワークに備えて充電満タンです(*^_^*)
|TOP|

プロフィール

akikokatsuno

Author:akikokatsuno
2011年9月26日~2013年9月26日まで、青年海外協力隊の獣医隊員としてトンガ王国で活動。トンガで感じたことを日本に伝えるためのブログです。帰国して現在、動物病院をやっています。
ポックル動物病院 http://pokkur-ah.com/

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

my favorite blog!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR