FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンガで繁殖検診

トンガの牛の繁殖事情は、本交のみ。つまり♀と♂を同じ草地に放牧して、ご自由にどうぞ、というまき牛方式。=人工授精はない。
しかし先日、馬の講義で仲良くなったアーミーが知人を紹介したいと言ってきた。その人は自分で一通りの機材や精液を購入するから授精をして欲しいという話だった。これはもしかしたらとっくに諦めていた授精の技術を伝えるチャンス?!と思い、さっそく見にいくことに。
トンガの飼育は濃厚飼料を与えていないのでガリガリに痩せた牛も多いので、とりあえず飼育状態、ボディコンディション、子宮や卵巣のチェックに直検しに行ったのだけど、一日がかりの大仕事!
相手は捕まったことのない牛、もちろん直検もされたことがない。
P1110996.jpgP1110990.jpgP1120006.jpg
まず倉庫に眠っていた囲いを発掘して、トラックで運び、追い込む柵を組み立てる。
そして追い込む!…のだけど、これがなかなか捕まらない。
5人で広い草地を散々走り回ってやっと1頭捕獲。作っておいたロープもくしが役に立った。
そして飛び蹴りを食らいそうになりながらも、約1年ぶりの繁殖検診。なんだか感無量♪
トンガ人も初めて見る直検に興味津々、交代で手を入れる。
P1120047.jpgP1120036.jpgP1120043.jpg
結果:良好◎
雌牛30頭程度とそれほど大規模農家ではないけれど、飼育形態もしっかりしていて、授精コンディションとしては悪くなさそう。
精液をどこから購入するか、予算はどの位かという話も進み、早ければ11月には開始できそう。モチベーションの高いトンガ人に出会えたことはとても嬉しかった。後から知ったけどその農家、モセセさんはJICAスタッフ(セラさん)の親戚だとか。小さなトンガではいろんなつながりがあるものです。

今日の朝食:ウミガメ料理
トンガではウミガメは高級品だけど、カイポーラではよくココナツ煮にして食べられる。
今日はウミガメを初めて自分たちで料理。鶏肉に近いけどジューシーで臭みもなく食べやすいく、ココナツ煮よりは和風の煮付け、唐揚げ、ステーキの方が美味しかった♪
P1130019.jpgP1130020.jpg

コメント:

カメを自分でさばくなんて、なんともワイルド!!
2012/07/21(土) 21:34:42 |URL|ゆかちん #- [編集]
>ゆか
まな板の写真の状態まではさばかれたものが、フィッシュマーケットで買えるんだよ。
トンガに来れたらごちそうするよ~♪
2012/07/22(日) 08:57:28 |URL|akikokatsuno #- [編集]
あきこの今までのこつこつやってきた活動がもたらしたチャンスだね!嬉しいねー♪
それにしてもトンガの空は青いなー!
2012/07/23(月) 18:10:58 |URL|あかね #- [編集]
生肉に見える緑色はウミガメの皮膚かい?
その緑色の模様がリアル過ぎて…
(;´Д`)
2012/07/23(月) 20:56:20 |URL|どん兵衛 #- [編集]
>あかね
嬉しかったよー♪
まだ実際の授精に至るまでは長い道のりになりそうだけどね。
トンガの空、晴れると本当に綺麗だよ。
海に沈む夕焼けも格別☆

2012/07/24(火) 13:55:34 |URL|akikokatsuno #- [編集]
>どん兵衛
そうそう、たぶん手の部分の皮膚。
あ、ちょっとキモかった?
でもこれがないとカメってわからないよね。
ちなみにここは硬すぎて食べられなかったけど。

2012/07/24(火) 13:58:50 |URL|akikokatsuno #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • comment
  • pass
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://akikointonga.blog.fc2.com/tb.php/108-aeb6291b

プロフィール

akikokatsuno

Author:akikokatsuno
2011年9月26日~2013年9月26日まで、青年海外協力隊の獣医隊員としてトンガ王国で活動。トンガで感じたことを日本に伝えるためのブログです。帰国して現在、動物病院をやっています。
ポックル動物病院 http://pokkur-ah.com/

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

my favorite blog!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。