スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬の去勢@Ha'apai

馬の去勢を頼まれて、いってきました!
本島から飛行機で45分、北の離島ハーパイへ2泊3日のショートトリップ。

ことの始まりは11月のアグリカルチャーショーで訪れた時に知り合った馬のオーナー、マグダ(ポーランド出身女性)との出会い。彼女はハーパイに暮らすこと6年以上。
馬好きな彼女は4頭の馬を持っていて、ずっと手にあまる雄馬の扱いに苦労してきたそうだ。
彼女いわく『去年も一昨年もニュージーの獣医に断られ、困ったところに私が空から降ってきた』
という程、切に去勢を必要としていたようで、私の連絡先を教えるとすぐ航空券を送ってきた。

マグダは強い女性だった。
初めて会って話をした時から『I'm serious!』と迫ってきた目力にオーラは感じていたけれど。
トンガの麻酔の危険性、破傷風のリスク、倒馬する時の労力、なにを言っても、『ノープロブレム!』の一点張り。肝が据わっていると言うか。私も全力で彼女の期待に応えるしかなかった。

馬の去勢を自分ひとりでやるのは初めてだった。
日本では頼もしい上司がいたし、トンガでは力強い同僚が一緒。
そんなプレッシャーの中、ついに彼女の愛馬スカイとご対面。
P1140481.jpg
キレイな毛色に青い目。だけどおっしゃるとおりのやんちゃ馬。
倒馬に予想どおり、いやそれ以上の労力を費やした。

キシラジン+ケタミンの注射麻酔→ロープで倒馬→去勢(坐滅器具はないので結紮法)
P1140594.jpgP1140599.jpgP1140624.jpg
マグダの強さは精神力だけではない。
妊婦だというのに、躊躇なく馬の保定からトンガ人への指図まで的確にしてくれた。
おかげで手術は無事終了!!

マグダは宿泊、食事、タクシーなどすべてを用意してくれ、何度も『Thank you』を繰り返した。
ここは獣医のいない国、私のようなベテランとは程遠いボランティアですら、こんなにも必要とされているんだという実感。いろんな意味で私にとっても貴重な出会いと経験になったのでした。

コメント:

ロープで馬って、どぉやって倒すんだろ
ちゃんとロープのかけ方があって、上手いこと倒せるんだろぉね。面白そぉ

ニュージーの獣医はどぉして断ってたのかな?
2013/01/28(月) 20:52:08 |URL|どん兵衛 #- [編集]
初のひとり去勢の成功おめでとう!

こやつ、毛色は何になるんやろ?
鼻のピンクっぽい感じからすると幻の白毛に見えるんやけど違うかな?
月毛?いや、白毛に見えるなぁ。
2013/01/28(月) 21:32:03 |URL|ウヨン #- [編集]
すご!!馬の去勢すご!!ちなみにキシラジンとケタミンの濃度教えてください。体重って大体でわかるものなんですか?
2013/01/29(火) 02:03:34 |URL|後藤 文 #- [編集]
>どん兵衛
首から両後肢にロープを張って、引っ張ると後肢が前に出て、座るように倒れるって仕組み☆
ニュージー獣医は、犬猫専門なのでできませんって言われたそうな。

2013/01/29(火) 03:33:01 |URL|akikokatsuno #- [編集]
>ウヨン
うーん、白毛かな。
混じりっ毛なさそうだったし。
そういえば日本では幻ってくらい珍しい毛色だよね。
トンガのローカル馬らしいよ。
2013/01/29(火) 03:43:52 |URL|akikokatsuno #- [編集]
>Gさん
キシラジン1.1mg/kgをIV、そこでふら付いたのでロープかけて倒馬、それからケタミン2.2mg/kgをIV。
所感としては、キシラジンは馬もちょっと興奮していたせいか足りなかったかなと。
倒馬してからのケタミンはもう少し少なくても良かったのかな、と感じました。
ちなみに体重は目測です、この子だったら500キロで計算しました。
2013/01/29(火) 03:52:08 |URL|akikokatsuno #- [編集]
不安を抱えながらも必要に迫られて「挑戦」することが多いね。
だけどトンガで同じ馬好きの女性に出会って、必要とされて、一生懸命応えて、感謝されて…
素敵な出逢いだね☆
2013/01/29(火) 20:57:51 |URL|ゆかちん #- [編集]
>ゆかちん
日本のような『万全を期して』というコンディションで治療できる方がここでは少ないからね。
常にリスクと隣合わせっていう怖さもあるよ。
馬好きってそれだけで親近感わくよね(*^_^*)
2013/01/30(水) 04:21:16 |URL|akikokatsuno #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • comment
  • pass
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://akikointonga.blog.fc2.com/tb.php/155-e9cfc31b

プロフィール

akikokatsuno

Author:akikokatsuno
2011年9月26日~2013年9月26日まで、青年海外協力隊の獣医隊員としてトンガ王国で活動。トンガで感じたことを日本に伝えるためのブログです。帰国して現在、動物病院をやっています。
ポックル動物病院 http://pokkur-ah.com/

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

my favorite blog!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。