FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サバイバル@Uoleva

ハーパイで馬の手術ついでに頼まれた、犬の避妊。
犬のオーナー、クレイグは南アフリカ人で、ハーパイのウオレバという無人島にキャンプ生活をしている。
これは前から行ってみたかったウオレバ行きのチャンス☆彼がわんこと帰るボートに便乗させてもらうことになった。
さらに彼の客用テントに泊っていいよ、というお言葉に甘えて、ハーパイ隊員と1泊2日のキャンプをさせてもらった。
さすが無人島、電気も水道もない。トイレは海か森!
P1140507.jpgP1140508.jpgP1140537.jpg
手作りシャワー、ソーラーで蓄電して使う冷蔵庫、ココナツで作られたバー(?)
どれもアイディア満載でまさに無人島ライフ!!たーのしーーー(^◇^)
馬のオーナー、マグダの肝っ玉にも驚かされたけど、この生活を心から楽しんでいるクレイグもたくましく面白い人だった。
P1140499.jpg
天気はいまいちだったけど、キャンプナイトと珊瑚の綺麗な海でのシュノーケルを満喫(*^_^*)
さて帰ろうとしたところ日曜なので船はない。でも引潮の時間なら本島まで歩けると聞いていたので、歩いて帰ろう♪と元気に歩きだす私たち・・・まだこの先に起こることなど知ることもなく。
P1140559.jpg
まずはウオレバの端っこまで歩くこと1時間。ついに目指す本島が見えたー!
けれど…これ、歩けるの?という深さと波の強さ。
とりあえず見えている砂の島まで、必死で流されないよう、リュックを頭の上にかついで歩く。
カメラを海水に浸すまいとしてやっとこ辿り着いた砂の島で歓声をあげたけれど、本当の試練はここから。
まだ道のりの3分の1しか来ていないことに気づいて愕然(@_@;)
しかもこの先もっと水流は強く、潮がみるみる満ちてくる。
戻ろうにも戻れない、進もうにも進めない・・・砂の島で絶対絶命のピンチ?!
もう荷物を諦めて体だけでも本島に戻るしかないかと思ったところに、トンガ人助っ人現る☆
ハーパイ唯一のタクシードライバー、トマシは本島からわずか10分で私たちの所まで歩いて来て、
2人分の荷物を片手で担ぎ、もう片手で私たちを引っ張るように本島まで帰還。
P1140585.jpg
見るからに強そうだけど、改めてトンガ人のたくましさと優しさが身に染みた。
トンガに来ていろんなサバイバルがあったけど、ここまで本気のサバイバル体験は初めての体験。
結果オーライ、なんとかなってしまうのがトンガではあるけれど、今度はボートを確保して、天気のよい日にもう一度来たいものです。

コメント:

どゆこと?(^_^;)
助っ人さん、そんな背が高いわけでもなさそぉだけど、やっぱり力強さってやつかな?

無人島にキャンプなのに、ソーラー発電!!
その絶妙なハイテクさがいいね
2013/01/28(月) 21:06:50 |URL|どん兵衛 #- [編集]
コワいコワい。サバイバルもほどほどにやね。

それにしても、その小ささで冷蔵庫の電力を賄えるソーラー蓄電池がトンガにあるとは!
というのも、今、イタリアとドイツと日本のテクノロジーを駆使して小型の廉価版ソーラー蓄電池を開発してるんやけどなかなか上手く行かなくて・・・
写真のクレイグのやつ、見た感じ安そうやし採用できるかも(笑)
2013/01/28(月) 21:25:52 |URL|ウヨン #- [編集]
>どん兵衛
腰上まで海につかりながら、3人手をつないで、約1キロ歩いたよ。
やっぱトンガ人の安定感は違うね、横波にさらわれそうになるたび助けられたよ。
ソーラー発電って日本だとハイテクなイメージだけど、トンガでは電気のない島では結構普及してるんだよ。
日本の支援も入ったりしてるし。
2013/01/29(火) 03:37:00 |URL|akikokatsuno #- [編集]
>ウヨン
そんな仕事してたんだね。
クレイグはNZ人に譲ってもらったって言ってたけど、このソーラーかなり画期的。
3時間晴れれば、充電満タンになるって。
冷蔵庫もバーの明かりも賄えていたよ。
2013/01/29(火) 03:39:24 |URL|akikokatsuno #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • comment
  • pass
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://akikointonga.blog.fc2.com/tb.php/156-49cf0a0f

プロフィール

akikokatsuno

Author:akikokatsuno
2011年9月26日~2013年9月26日まで、青年海外協力隊の獣医隊員としてトンガ王国で活動。トンガで感じたことを日本に伝えるためのブログです。帰国して現在、動物病院をやっています。
ポックル動物病院 http://pokkur-ah.com/

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

my favorite blog!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。