スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンガのスキンシップ

同僚の息子さんが説教師に選ばれたとのことで、お祝いの会にお呼ばれしてきました。
まずは教会での儀式。
神父さん(祭司さん?)のお話、聖歌につづき、まだ13歳のテシ君が教壇へ。
P1150970.jpg
トンガ語なので内容はよくわからないけど、堂々としたものでした。
約1時間によるセレモニーが終わると、教会から退場する前に、みんな列を作って並び、教壇前に並んだテシと神父さんとなにやらしている様子。
P1150971.jpgP1150978.jpg
握手&ウマです。ウマというのはほっぺたどうしを合わせること。
ウマはトンガならではのスキンシップだと思います。
このようなおめでたい場面だけでなく、お別れの場面、再会の場面など、空港でもよく見かけるし、お葬式でもご遺体にウマしたりします。
人の顔が近づいてくるのはドキっとするけど、あったかいほっぺの感触は気持ちいいものです。

儀式が終わると隣のホールに移動して食事会(カイポーラ)
もちろん主役は豚の丸焼き(プアカ・トゥヌ)です。
隣に座った大きなおばちゃん(トンガハイスクールの数学の先生)が、テシの事を誇らしげに話しながら、私のお皿にどんどんプアカをよそってくれます。
P1150988.jpgP1150997.jpg
彼女の話によると、説教師は誰でもなれるものではないけど、テストがあるわけでもなく、教会から毎年1人選ばれるんだそうです。でも13歳という若さで選ばれるのは異例のことらしく、よっぽど優秀なのでしょう。
P1160003.jpg
カイポーラにはトンガハイの先生たち、いつも教会にくる地域の人たちなど、たくさんの人が集まって、それは幸せそうにご飯を食べるのでした。これが一番のトンガ人の娯楽なんだろうな~。
私もここ最近、週1ペースで豚の丸焼きを食べています。
このままではトンガ人体型に近づきそうなので気を付けなければ(@_@;)

コメント:

コメントの投稿

  • URL
  • comment
  • pass
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://akikointonga.blog.fc2.com/tb.php/187-ccbd7b6c

プロフィール

akikokatsuno

Author:akikokatsuno
2011年9月26日~2013年9月26日まで、青年海外協力隊の獣医隊員としてトンガ王国で活動。トンガで感じたことを日本に伝えるためのブログです。帰国して現在、動物病院をやっています。
ポックル動物病院 http://pokkur-ah.com/

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

my favorite blog!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。