FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達について本気出して考えてみた

あなたには友達が何人いますか?その人はかけがえのない存在ですか?
友達と遊んだり、食事をしたり、悩み相談をしたり、叱咤激励しあったり、現在の私はまちがいなく友達に支えられています。
なぜそんなことを急に考えているのか。
トンガではたくさんの友達ができました。でもたくさんの別れがあります。
その度、この人とまた会えるかなって疑問が頭をよぎります。
トンガ人の友達とは、私がまたトンガに来ない限り会えない可能性大なのです。
どんなに気があってもどんなに楽しい時間を一緒に過ごしても、一生会えなかったら友達でなくなってしまうのでしょうか。友達の定義って何なんでしょう。
Facebookなどでつながっていれば、元気な様子はわかるので便利だなとは思います。
でもやっぱり直接会えなければ、心は離れていってしまうような気もします。
うーん、でも長期間会わなくても、会った瞬間から友達に戻れる人もいますよね…
P1140936.jpg
私の交友関係は小、中、高校、大学の同級生、部活仲間、仕事関係、そしてトンガに来てからと、全国から世界に広がりました。学生時代は一緒に遊び、学び、たくさんの楽しい時間を友達と過ごしました。『友達になろう』なんて言葉がなくても、気の合う仲間と共に行動するうちに友達ができていました。その頃に比べると大人になってからは、友達を増やすことが少し難しいことになったような気がします。それぞれが仕事や家庭を持ち、生活ペースができてしまうと出会いも少なくなるからでしょう。
しかしフレンドリーアイランド、トンガに来てから沢山の出会いがあり、友達はどんどん増えます。トンガ人はどこでも声をかけてきてくれるし、家に招いて食事をご馳走してくれたりします。そこから友情に深まるかどうかは個人差がありますが、そういう機会は日本にいた時より多いです。私はここでは外人、トンガ人にとって日本人の友達は自慢なのかもしれません。それでも過ごした時間、影響を受けたこと、共に乗り越えたことなど思い出が多いほど、心のつながりは強くなる気がします。
P1000396.jpg
ウィキペディアによると、『友情は、共感や信頼の情を抱き合って互いを肯定し合う人間関係、もしくはそういった感情のこと。友達同士の間に生まれる情愛のこと。しかし、それはすべての友達にあるものではなく、自己犠牲ができるほどの友達関係の中に存在する。』のだそうです。自己犠牲ができるほどの関係…深いですね。
私は友達からたくさんの恩恵を受けているし、そのひとつひとつの出会いが今の私の価値観や人生を構成しています。偶然の出会いから生まれるかけがえのない友情。でも友達を大切にってどうしたらいいのかわかりません。自己犠牲という言葉はなんだか重すぎる気もするけれど、私も友情で結ばれた友達に、良い影響を与えられる人でいれたらいいなと思います。よい友情はこうしてお互いのよい人生に影響していくのかもしれませんね。これからももっと大きな、余裕のある人間になって、友達に多くのものを与えられる人間を目指したいものです☆

コメント:

コメントの投稿

  • URL
  • comment
  • pass
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://akikointonga.blog.fc2.com/tb.php/190-2390cf36

プロフィール

akikokatsuno

Author:akikokatsuno
2011年9月26日~2013年9月26日まで、青年海外協力隊の獣医隊員としてトンガ王国で活動。トンガで感じたことを日本に伝えるためのブログです。帰国して現在、動物病院をやっています。
ポックル動物病院 http://pokkur-ah.com/

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

my favorite blog!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。