スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いがけずラストスパート

ついに明日で活動もおしまいです。最後のウイークリーミーティングでは長いことリクエストされてきたお寿司を振る舞い、みんなで記念撮影をしました。最終日の明日は同僚みんなでオホレイビーチ、送別会としてご馳走してくれるそうです(^^)お礼のトンガ語でのスピーチを猛練習中です!
P1180935 - コピー
私の活動のメインはマンパワーとして動物の治療をすることなので、これといってラストスパートすることもなく日々の治療をこなし、静かに終えるものと思っていました。
しかしトンガ人はラストスパートが大得意だったことを思い知らされています。
まさに夏休みの宿題は8月31日のタイプ、1カ月前に言われた発表準備でも前日に始めるし、アグリカルチャーショー準備は前夜に徹夜でやる同僚たちです。今週になってようやく、いなくなる前に教わっておこうと思ったようです。
先週土曜の夜、アナに頼まれた牛の産後起立に私ひとりで対応することになったのですが、その症例についてアナは月曜に全員集めて情報共有の場を設けたのです。アナが議長となり、まず1人1人にこの症例の診断手順とどういう治療をすべきかと問いかけ、私に答えを言わせるというわけです。ディスカッションは英語ありトンガ語ありで盛り上がり、『このように症例検討会をしてみんなが学べるよう情報はシェアしよう』とアナが締めくくります。。。その通りです。あまりにもっともすぎて驚き感心してしまいました。ぜひ継続して欲しいものです。
今週は2年もいて今さら?と突っ込みたくなることの連続です。同僚は初めて紙とペンまを持ち出して、診断の手順、薬の用量など覚えきれないことは書留めています。たいてい一度はワークショップでやったことです。やっぱ覚えてなかったんだな、と少し残念な気もしつつ最後まで何度でも教えます。同僚はまた忘れたら日本に電話して聞くからなんて言ってますけどw
そしてオネの手術意欲もハンパないです。以前の寝てるか食べてるかギターひいてた人と同一人物とは思えない変わりようです。麻酔の計算を聞いてきたり、You Tubuで犬の手術の動画を見つけてきてあれこれ聞いてくるので、診療の合間も彼につきっきりです。昨日の犬の避妊はほぼサポートなく、オネひとりで55分でやり遂げました。縫合スピードと正確さが格段にアップし、先月までは見ててもハラハラするような手つきで2時間半かかってたことを思うとよく頑張ったものだと感心です。
また日本からの支援も私がいるうちの方が申請しやすいと思ったのか、アナは草の根に診療所の改装を、ミカはJICAのフォローアップにモバイルクリニックとワークショップ支援をと、手分けして申請書を仕上げてきました。
何カ月も前から話があがっては、形にならずにきたことが、動き出したようで嬉しいです。
受理されるかどうかは私の手の及ぶところではないけれど、明日はそのミーティングに一緒に参加することになりました。
そして活動後半の1年近くかけて普及してきたパルボ撲滅作戦、思うように広まらず、犬にそこまでの価値もないのかなと諦めかけていたこの頃ですが、今週は子犬がくるわくるわ。。。
IMG_1579.jpg
相変わらずワクチンしていなくてすでに手遅れの子犬は多々くるけれど、その都度、ワクチンの重要性を説明してきたのが少しずつ浸透してきたのかもしれません。まだ寄付ワクチンは200頭分あるし、月末にくるSPAWにも継続してワクチン寄付をおねだりしているの私の帰国後も続いてくれることを願うばかりです。
活動を振り返りながら報告会準備をしていると、反省点もいっぱいあるけれど、全力でいろんなことにぶちあたり活動も生活も楽しんだ2年間だったなと思うのでした。

コメント:

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/09/12(木) 14:53:00 || # [編集]
いつも読んでくださりありがとうございました。
先輩からのコメント、いつも心強く読ませてもらいました。
何が残ったかまだわからないけれど、本当に20年くらいしてから再来したいものです(^^)
2013/09/13(金) 05:29:42 |URL|akikokatsuno #- [編集]
急にやる気出したんだね
危機感?責任感?
今後どぉなるか、何年か後に抜き打ちでチェックしに行ったら面白いかもね(^^)

活動はもぉ終わったんだ
お疲れ様でした(^_^)/~
2013/09/13(金) 19:30:29 |URL|どん兵衛 #- [編集]
>どん兵衛
ありがとう。一応昨日で活動を締めくくったよ。また急患あれば帰国直前までお呼び出しがかかるんだろうけど。
何年かしないと成果なんて見えてくるものではないのかもとも思うけど
なにしろ各種動物の診療ができてこちらの方がたくさん学ばせてもらったよ。

2013/09/14(土) 09:53:07 |URL|akikokatsuno #- [編集]
ドミで子供と一緒の女性がいたので、お話を伺ったところ10年以上前にJOCVで活躍し、今度は結婚しお子様をつれて来られたとのこと。その後ババウに行くと言ってましたが、案外そのような人はいるものです。ボランティには終わりがないというのがこちらで40年にわたってボランティアをしている方の話でした。
2013/09/16(月) 08:03:50 |URL|鈴木 弘道 #- [編集]
>鈴木弘道さん
JOCV時代を過ごした場所に戻ってくる人って、結構いるものですね。
私もいつかトンガに戻ってきたいと思います。
2013/09/21(土) 08:32:25 |URL|akikokatsuno #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • comment
  • pass
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://akikointonga.blog.fc2.com/tb.php/218-426d2e97

プロフィール

akikokatsuno

Author:akikokatsuno
2011年9月26日~2013年9月26日まで、青年海外協力隊の獣医隊員としてトンガ王国で活動。トンガで感じたことを日本に伝えるためのブログです。帰国して現在、動物病院をやっています。
ポックル動物病院 http://pokkur-ah.com/

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

my favorite blog!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。